肌の老化を防ぐために知っておきたい悪習慣と攻めのケア

肌の老化を防ぐために知っておきたい悪習慣と攻めのケア

 

そもそもエイジングケアってなぜ必要なのかご存知ですか?

 

肌の水分量やコラーゲンを守る「エストロゲン」が歳を重ねるにつれて減少することにより、たるみ、しわ、シミ、ニキビ跡が目立つようになるのです。これらを防いでいく対策がエイジングケアです。

 

肌老化を加速させてしまう8つの悪習慣
  • 紫外線 年々紫外線の量も太陽の日差しの強さも増してる気がします。紫外線はシミの原因はもちろん肌を錆びさせる活性酸素も発生させてしまいます。曇りの日もかなりの量の紫外線を浴びるので日焼け対策はマストです。
  • 睡眠不足 「睡眠不足はお肌の大敵」って昔から言いますがそれもその通り。眠っている間に血液を通して運ばれる酸素と栄養はわたしたちにとっての潤滑油。それを睡眠不足で妨げてしまっては肌はみるみる衰えていきます。
  • タバコ 活性酸素を発生させる上新陳代謝を低下させ血行が悪くなり悪いことだらけ。
  • 水分の摂り過ぎ あれっ?一日2リットル飲んだ方がいいのではと思っていませんか?それも人それぞれです。過剰な水分は浮腫みを起こさせてしまったり冷たい水で体やお腹を冷やしてしまいます。
  • ストレス 「ストレスは万病の素」ストレスは肌老化を促進させるのはもちろん免疫力を低下させ肌トラブルを助長します。
  • 胃腸の不調 食べ過ぎ飲み過ぎで体をこわしていませんか?この時期はキンキンに冷えたビールでグイっといきたいところですが胃腸が悪くなると口内炎やニキビ、肌トラブルの素です。
  • 身体の冷え 血行が悪くなって肌の新陳代謝を低下させ肌色や顔色を悪くさせ年齢よりも老けて見えてしまいます。
  • 偏食 美肌を作るのはなんてったって毎日の食生活も大きく関係します。それぞれの食物に含まれる栄養素は肌の各部分によい影響を与えるものがいっぱい。それを好き嫌いで肌に取り入れてあげないのは残念です。

 

 

この夏を美肌で乗り切ろう!攻めのスキンケアと習慣でいつまでも若々しい肌

 

 

もう夏本番。今年の夏は夕方からホテルのプールでっていうトレンドもいいけどやっぱりみんなで浜辺で夏を楽しみたいっていう方も多いはず。

 

心ワクワクのレジャーシーンも紫外線対策は忘れずに。内側からビタミンCを多く含む食材やサプリメントに頼って内側から紫外線対策もエイジングケアには欠かせません。

 

 

暑い夏には友達、同僚とビアガーデンや飲み会も多くないですか?でも、ビールやサワーなどの冷たいものは体を冷やして代謝も下げてしまいます。おつまみもなるべくナチュラルで温かく脂肪分、油分、塩分が少ないものを選びましょう。暑い夏はシャワーのあと、化粧水だけでパパッと済ませがちですが、週一回程度、皮膚の余分な角質を取り除いて肌のターンオーバーを促進させるピーリングもオススメです。そのあとは化粧水乳液、美容液でしっかり蓋をして保湿しましょう。

 

 

できてしまったシミはすぐに対処すれば有効ですが時間が経ってしまうとなかなか消せません。そんな時はプロの力を借りて消すのも手です。

 

さあ、夏本番!中も外も準備万端で楽しいサマーバケーションを過ごしましょう。

page top